国産木製棺製造│日本コフィン│広島県府中市

コフィンの今昔

会社概要 会社のあゆみ コフィンの今昔 風景
1965年(昭和40年)国内初のフラッシュによるノックダウン方式軽量棺を開発し、商品名を「コフィン(木棺)」と称し発売して以来、今日までコフィン専門メーカーとして新商品開発に努力してまいりました。
<コフィン開発の今昔>
〜フラッシュ棺 1963年〜
高級家具で全国的に有名な府中家具の製造地元であったため、豊富な材料が集積しておりました。芯材(松などの角材)で組んだ枠に化粧合板(ベニヤ板の表面に桐の突き板「スライスされた薄い板」を貼ったもの)を両面に挟んで板状にするフラッシュ構造で制作されたお棺がフラッシュ棺です。表面の美しさと量産ができる軽量棺として開発されました。
〜折畳み式、ノックダウン式 1965年〜
お得意先の組立作業を簡単にするために二種類の方式が考案され折畳み式は「折畳み寝棺」として実用新案の登録がされ販売が始まりました。
〜お別れ窓誕生〜
初期にお別れ窓(当時はA5サイズほどの小さなもの)が取り付けられました。
〜R棺の誕生 1975年〜
仏さまの合掌の手合わせがお棺のふ蓋にあたるので、天板がアーチ状のR棺が生まれました。
〜装飾の始まり〜
側板に額縁を施し、中に格子をはめ込みこの上に彫刻片を貼り付ける装飾が始まり、のちに彫刻板を二面彫刻棺の始まりです。また桐材以外にも黒檀、紫檀、マホガニー、ローズウッドの化粧板を使用し、仕上がりの美しさと高級感強調した商品が生まれました。
〜家具調高級木棺 1978年〜
本印籠、元禄棺は府中家具の高級棺をお棺に表現。二重フラッシュ構造で威厳あるデザインが受入れられ当時ではまだ珍しいレンジ式(蓋の半分を開くタイプ)や透明なカプセルを用いて西洋風なイメージをだした。
〜山型 布張りダンボール棺 1988年〜
米国製強化ダンボール(米国特許品)を山型フレームに加工して表面に布を張り込んだお棺(実用新案登録)を発表。のちの山型布棺の原型となりました。
〜中国からの輸入が始まる〜
中国での生産が増大。輸入棺として国内市場に出回り始める。
〜プレミアム棺の開発 日本製棺のリデュース 2013年〜
国内の製造技術を融合して国産で高品質かつ高価値の布棺の開発が始まる。
假屋崎省吾氏プロデュース「花筐 はながたみ」発表 2014年



日本コフィンについて
会社概要会社のあゆみ
機械化の歴史工場

Copyright (C) 2011 Nihon Coffin Co.,Ltd. All Rights Reserved.